医療について

日本の医療と進化する肺がんの検査に関して

あらゆる部位に発症してしまうのが、がんが厄介だと言われる所以ではないでしょうか。
そんな中、日本人に多いのが肺や胃のがんだと言われています。
ただ、がんには予防が可能ながんもあります。
日本の医療は革新的な進化を遂げていて、定期的に検診を受けていれば、早期の発見と治療が可能になっています。
内視鏡で除去することも出来ますし、開腹をしないことでダメージを最小限に抑えることが出来ます。
肺がんの検診は、胸部のレントゲンだけでは不十分だと言われています。
ヘリカルCTと呼ばれる特殊なCT検査が有効で、多くの患者が命を救われています。
検査そのものは苦痛を感じることがないので、年に一度は受診をして下さい。
日本の医療技術は世界のトップ水準ですが、自分で出来る予防方法もあります。
肺がんと喫煙の関連性は、随分と前から指摘されています。
禁煙をすることは難しいことですが、近年は病院で禁煙外来を設けているところが増えています。
不安な方は相談をしてみて下さい。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

日本の医療と進化する肺がんの検査に関して
医療